2005年11月23日

減感作療法について

あまりにもこの前のケイコの説明が適当だったので、減感作療法についてしらべてみた。

減感作療法とは…
 アレルギー症状を起こす原因物質(花粉症の場合はスギ花粉など)のエキスを長い時間にかけ少しずつ注射し、体を徐々に慣れさせていく治療法。
体内にアレルギー反応を遮断する物質をつくり出すようで、インターフェロンγが関係していると思われる。

最初の1ヵ月間は2日に1回の注射、それ以降は月に1回。

成功率は約60%から70%だが、5才以上または3年以上のかゆみの症状が出ている場合は50%以下にダウンする。

ということ。
ツルの場合も若いので、効きやすいだろうとの事でした。

ネットの検索で「犬 減感作療法」と入力すれば調べられます。
体験なんかはあまりないので、本当の効果などわからない点も多いですが。

ニックネーム ケイコ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アトピー奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/123236
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック